きのことわざ

616999_343858162364017_1319473810_o.jpg

うちの娘は、きのこ好きです。
と言っても、きのこは食べません。

何がそんなにきのこ野郎なのかというと、きのこをどこからか採取してきては、きのこ標本を作り、こんな額装で楽しんでます。

12314179_925972954152532_7348400877088243706_o.jpg

11209442_925978944151933_9220251922285171765_n.jpg

マニアックなきのこ図鑑や書籍も、お祝いごとのたびに、たくさん集まってきます。

>少女系きのこ図鑑 [ 玉木えみ ]

価格:2,376円
(2017/2/18 01:11時点)
感想(2件)




ますます神秘的なきのこの生態に惹かれているようです。

きのこ標本を作るだけではありません。
最近では「きのことわざ」を編み出してもおります。

一例をあげると

昼間の月夜茸
存分に力量が発揮できない環境にあるさま

冬山のキノコ狩り
努力しても仕方ない時期に、無駄な労力を使うこと

なめくじで毒キノコを見分ける
間違った観点で物事を判断すると、取り返しのつかないことになる。
(なめくじは毒キノコを食べても死なないそうです。ほんとなのか?)

赤松のないところに松茸は生えない
火のないところに煙はたたないように、現象が発生するのは、何らかの根拠があってのことだ、という意味

きれいなキノコには毒がある
魅力的な話には裏があるということ

なるほど、ことわざからきのこ愛が伝わってきます。

日本にも「香り松茸、味しめじ」がありますが、きのこのことわざは遠くロシアの地にたくさんあるそうです。例えば

きのこと名乗ったからにはかごに入れ
やると決めたら徹底的にやれ!という意味だそうです。

20161203_074931.jpg

…いささかサイズが違いすぎるので、きのことは名乗らない方がよかったんじゃないかと思います。>ロシアの方

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック